集まれ!チョコレー党!!!

もしかして軽〜いチョコレート依存症かも、と思っているchoconがチョコに関することを不定期にレビュー!!!

原則として、リアルタイムで、自分でチョコレート(チープなもの!が好き。経済状況にも拠る・・・とこが哀しい)を食べてみた感想などを若干辛口で(?)書いていきます。かなり片寄っているかと思いますが・・・ご了承下さい〜(*^_^*)

2007年05月23日

Lindt(リンツ)〈エクセレンス・オリジンシリーズ キューバ〉

創業1845年!!!!!というチョコレート作り160余年の伝統と技、情熱から生まれた逸品と力説する、Lindt&sSPRUNGLI・・・
私にとっては、スイスのチョコレート=リンツです。

厳選した産地のカカオ豆を100%使用し、豆の特徴を引き出したビターチョコレートのシリーズより、今回は、キューバをチョイス。
カカオ分は55%。
「トリニタリオ種を使用し、フルーティーな香りとしっかりとした苦味、酸味が特徴」との事でしたが、フルーティーな香り?どこが?と思いましたです。
でも、そう言われれば、フルーツの味がして、55%なのに、甘い感じですごく食べやすい。
はまりそうです!!!なので、ちっとも、苦くありません! 
外国チョコ初心者向きかな(・_・?)

1つの割れ目がかなり大きいので、あっという間になくなってしまいました(←細かく割って食べろよという話ですが・・・)

商品情報、キャンペーンなどは、http://www.lindt-cacao.jp/


人気ブログランキングへ
posted by chocon at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国のお菓子(輸入もの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック